おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

honeymoon note 7 / Bantao Beach

ホテルはバンタオ・ビーチというビーチに面していました。

e0144986_21544297.jpg


ビーチの入り口。
Googleストリートビューだとここです!
ホテルの敷地から一本だけ公道を挟みます。

e0144986_2156174.jpg


いかにもな。
パトン・ビーチとかカロン・ビーチに比べるととても静か。
パトンではアウトサイドのレストランに座った途端に
物売りのおねえさん的なおにいさんがやってきましたが、
ここではそんなこともなく...。

e0144986_893380.jpg


残念ながら2日目にいったときは雨季のため赤旗=遊泳禁止。

e0144986_810175.jpg


4日目は黄旗=自己責任で泳いでね
でも波は赤旗のときと同じくらい高かった。

e0144986_8102885.jpg


...というシステム。


そんなわけで泳げませんでしたが、

e0144986_811338.jpg


アンダマン海はきれいでした。

e0144986_8115248.jpg


シーサイドのホテルが見えます。

e0144986_812882.jpg


e0144986_8122381.jpg


e0144986_8123556.jpg


以上。
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-27 19:56 | Travel

カレー粉クッキング

ナイル 善己 / アールズ出版



どの家にも、カレー粉の缶があるはず。でも、このカレー粉缶のこと、カレー味に仕上げたい時の、インスタント・スパイスだと思っていませんか?とんでもない!カレー粉は、数十種類もある本格的なスパイスを絶妙なバランスでブレンドした実力派ミックススパイスなのです。ただカレー味にするためだけに使うなんて、もったいない!いつものおかずに、ほんのちょっとだけ隠し味に使ったり、下味に使ったりするだけで、びっくりするくらいグレードアップした一皿になります。




東銀座のナイル・レストランの3代目のナイル善己さんのカレー粉レシピ本です。

きょうの料理のスパイスカレーの回で「うっわなんじゃこれおいしそう!」と唾をつけ、
そのあとなぜか上司が旦那と私に振舞ってくださり、
紆余曲折を経て(大して経てない)レシピ本を買うに至る。

確かにカレー粉ってカレー粉炒めとかスパイスカレーとか
カレー味に整えるためのスパイスっていうイメージ...。

この本は「それだけじゃもったいない!」ということで
インド料理以外にも隠し味やアクセントとして使えるカレー粉レシピが満載でした。
もちろん定番のチキンカレーとかキーマカレーとか
餃子で作るサモサのレシピも。

とりあえずチキンカレーを作ってみましたが、少ない種類のスパイスで
本格的な味が出せて感動しました。
スパイスの豊富さじゃなくて、玉ねぎの炒め方など調理法の問題なのかと。

インドの人は毎日カレーで飽きないの?と私を含め日本人は思うかもしれないけど、
「スパイス味」であって決して「カレー味」ではないのでしょうね。
スパイスの奥深さをちょっと知った一冊。
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-25 22:07 | Book

やせる! / 勝間 和代

やせる! (光文社新書)

勝間 和代 / 光文社


身長158センチ、体重54~60キロの間をずっとウロウロとしてきた著者は、最近、これまで取り組んできたダイエットとは異なる方法―食生活の改善と、運動習慣の改善―を日々の生活の中で地道に試してみました。すると、みるみるうちに「健康的に」やせて、お肌もつるつる、以前とは似ても似つかない快適な毎日を送ることができるようになりました。いったい、何があったのでしょうか。長年、なかなか「やせられなかった」著者の実体験をもとに、「生活習慣病にかかることなく、健康で長生きできる体」をどうすれば手に入れることができるのか、そのプロセスと具体的方法を綴ります。悩める皆さん、「やせる旅」に一緒に出かけましょう。




勝間さんが料理にハマってくださいました。
くださいました、と書いているのは...
勝間さんがいろんなクッキングツールや調理方法にトライして、
さらにそれをブログやメルマガで惜しむことなく発信してくださっているので
「へー、こんなツールがあるんだ!」といつも参考にさせていただいているのです。
勝間さんがトライしたダイエット方法を、これまた惜しみなく綴ったのがこの本。

書店に行けば「XXだけダイエット」といったダイエット本があふれていますが、
そんな魔法なソリューションがあれば巷にデブはあふれていないわけで。
大事なのはコンスタントな運動(「デブはとにかく歩いていない」には納得...)と、
「まごわやさしい」でカロリーに対して栄養素が豊富な食生活。

ということを勝間さんが口を酸っぱくしておっしゃっています。
エリカ・アンギャルさんの提唱する食生活と似てるかな。


でも、勝間さんらしい&働く人にもうれしかったのが、
栄養素を損ねず時短レシピを実現する方法。
ロハスでベジタリアンな食生活では1つ1つの料理方法はとても簡単で
蒸すだけ、焼くだけなんだけど、加工食品を使えないということもあって
日々の生活に組み込むにはどうしても手間がかかってしまいますよね。
でも、スロークッカーとかスチームコンベクションオーブンとか
仕掛けておけば勝手に火加減をコントロールしてくれるツールを使うと
同時進行&自動で健康に良い料理ができる!!という仕組み。
→具体的には、勝間さんのブログをどうぞ!

私はスチコンと似たような機能を持つヘルシオを持っていますが、
確かにこれを買ってから料理のスピードとバリエーションが倍以上になりました。
ゆで卵も蒸し野菜も鶏の照り焼きも全部勝手にやってくれるんだもん。
時間がない中で自炊をするには、高機能のオーブンは必須だと思います。
あとは私も電気圧力鍋がほしいな・・・。


...他にもダイエットに関してはいろいろ、いろいろと書きたいことがあるけど。
他のダイエット本を読んだらその書評にかこつけて書きます(笑)。


勝間さんの本は、カロリー&血糖値コントロールの基礎が身についている人とか
巷にあふれる「XXだけダイエット」を見るとケッッッてなる人は
本当にうなずくところが多い本だと思います。

逆に、「お昼ご飯抜いたからおやつにクッキー食べていいんだもん!」とか
「ゼロカロリーコーラはカロリーゼロだから太らないよね」とか
(↑この2つを言う人はひっぱたきたいまじで)
「XXだけダイエット」を始めては挫折する人にお読みいただきたいです。
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-18 20:23 | Book
ベトナム料理を食べに行きました。
タイから帰ってきた翌日に。

(私、タイ料理を5日連続で食べ続けても全然飽きなかったんだよな~。
さすがに帰国当日に築地でアサリのお味噌汁を飲んだときはホッとしたけど。)

チューボーですよ!のベトナム風お好み焼きの回の巨匠、
ハノイのホイさん、です。

e0144986_2202484.jpg


ホリデーランチはフォー+サラダ+サイドディッシュ。
夜のメニューも頼めるようでした。
ベトナム風お好み焼きを食べたかったけど、大きそうだったので今回は断念...。

e0144986_2203392.jpg


今まで食べたことがなかった牛肉のフォーとミニ生春巻きにしました。
フォーがとぅるんとぅるんであっという間に間食!!
牛肉のフォーってコクがあっておいしいなぁ。
ニョクマムベースのタレを少し入れてもピリ辛でいい感じでした。

e0144986_221174.jpg


ベトナムスイーツの定番、チェー。
秋模様になった東京では寒かった、です。でもかき氷に練乳って最凶。

e0144986_221918.jpg


お店も清潔感があってまた行きたいなぁと思いました。
それにしても東京はおひとり様率が高くて生きやすいわ...。

ハノイのホイさんベトナム料理 / 渋谷駅神泉駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.0


[PR]
by bedlam041 | 2012-11-16 21:59 | TOKYO_Gohan
朝ご飯 その2

e0144986_2143948.jpg


e0144986_21431695.jpg


フルーツが毎日たくさんあって感動しました。
(この他にも定番のパパイヤ、メロン、パイナップルなどなど多種類。)
日本じゃ食べられない果物がいっぱい!!

e0144986_2145872.jpg


マンゴスチンがお気に入りで何個も食べました。

e0144986_2215698.jpg


そうそして毎日食べていたのが...カオニャオ・マムアン。
写真の一番上ね。

お砂糖とお塩で炊いたもち米をマンゴーに添えて、
ココナッツミルクをかけたタイスイーツです!
聞いただけだと「...え?」ってなるレシピですが、これが絶品でした~。
ジューシーなマンゴーにもっちりとしたもち米が合うんですよ。
レストランでも人気で、補充されてもすぐになくなっていました。
日本でも食べたいなぁ。

e0144986_22214116.jpg


あとこれもおいしかった。
タイ風ココナッツカスタード+もち米をバナナリーフにくるんで蒸したもの、
奥は揚げドーナツにこれまたタイ風カスタードをつけていただきます。

e0144986_2244487.jpg


お茶の種類も豊富でした。いっぱい飲んでおけばよかった...。

e0144986_2261146.jpg


ちょっと見えにくいんですがー、写真の奥がレストランです。
オープンエアで、ラグーンも見えます。

ホテルのレストランはお高くて、夕ご飯はいつもホテルの外のレストランで食べてました。
なので、ホテルで食べた食事といえば朝ご飯かな?
あっさりからガッツリまで品揃え豊富で、ダンナも私も大満足でした。
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-11 22:12 | Travel

girasole / 松本市

WANKO's 29th birthday on 2012/11/10 (today!!)

e0144986_2213421.jpg


フォアグラのブルスケッタ

e0144986_22135523.jpg


メジマグロのカルパッチョ コリアンダー風味

e0144986_22141982.jpg


炙った鱧とアンチョビソースの手打ちパスタ

e0144986_22144385.jpg


プッタネスカソースのカッペッレッティ

e0144986_22164860.jpg


蝦夷シカのステーキ

e0144986_2217144.jpg


ぶさいくなネコ

e0144986_2217145.jpg


デザートはクレームブリュレ♥

パスタ2皿はボリューミーである...
でもどれもおいしかったです!
ドリンクもワイン中心で大人なラインナップでした。


ワンコ、20代最後の一年楽しんでね!
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-10 22:18 | MATSUMOTO_Gohan
ハネムーンで楽しみにしてたことの一つがヴィラの朝ご飯。

e0144986_21324148.jpg


朝から食べるよガッツリと。

定番の洋食からタイ料理まで幅広くありました。
朝ご飯以外は基本的にタイ料理だったので、ダンナは朝ご飯は洋食を食べてました。

e0144986_21394678.jpg


手前にはビーフンとか炒飯とか炒め物系。

e0144986_21371326.jpg


お野菜とお肉!!

e0144986_21374017.jpg


SUSHI



e0144986_21375644.jpg


KIKOMAN

soysauceではないのね...
お寿司、一口サイズでかわいかったです。味は…ふつう。

e0144986_21385236.jpg


パンコーナー。普通の白パンから全粒粉、デニッシュ、グルテンフリー(さすが!)まで。

e0144986_21403389.jpg


にゃんとお鍋はすべてstaubでした。

e0144986_2142815.jpg


タイカレーとトッピングです。ご飯もあったし、カレー用のヌードルもあった。
カレーは容赦なく辛かった。さすがでございます。


朝ご飯編、もう1回続きます。(えー!)
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-09 21:46 | Travel

人生がときめく片づけの魔法2

近藤麻理恵 / サンマーク出版


「捨てる」だけでは得られない、理想の「ときめく暮らし」を手に入れる方法とは。




こんまりさんこと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』の第二弾!!
前著は「ときめくものの見つけ方」の説明が中心だったのですが、
2冊目は「ときめくものの収納の仕方」がメイン。

洋服の畳み方やしまい方、場所別のレイアウトのポイントなどなど
マインドよりも収納のノウハウがいっぱいだったので、
前作を読んで片づけ始めた人、でもちょっと停滞気味...の人は
再びモチベーションが上がるのではないかと思います。

片づけとか断捨離と言うと「捨てるマシーンなんでしょ?もったいない...」と
いう反応があったり、「ときめきだけで判断するなんて無理でしょ、
実際ときめかなくても使うものもあるし...」と言われるのですが、
片づけで大事なのはそのノイズに耳を傾けないこと、だと思います(笑)。
「うふふ、どうなんでしょう」とにっこり笑って片づけ続けること!

ここからは私の「片づけ談」になるのですが...
捨てるマシーンになるというのは大きな間違いで、
(確かに45Lのゴミ袋が10袋近く出るので傍から見ると捨てるマシーンですが)
基本は「ときめくものを残す」のが原則です。
残ったときめくものを、その物が一番輝く場所に配置してあげるんです。

そして、片付けの一番のメリットは自分のことがよく分かること、です。
ときめかないけど持っていた頂き物、限定のノベルティ、おみやげ...
全然趣味じゃないけど流行には合ってるワンピース...
受けなきゃいけないと思っていた実は必要じゃない資格・検定のテキスト...
ときめくと思い込んでいたけど実は全然ときめかない物...

そういうお役目が終わった物たちに旅立ってもらうと、
「あー、私はこれが好きだったんだな!」と気づくんです。
新たな自分というよりは、自分の輪郭に気が付くイメージです。
すごくデトックスになりますよ。


...というわけで、1冊目を読まれた方、必読です!
1冊目がまだの方は、ぜひ1冊目を。
[PR]
by bedlam041 | 2012-11-04 18:07 | Book