おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

DESIGN TOUCH 2011

先週末、再び歯列矯正で東京に。
ちょうど日経デザインのfacebookでDESIGN TOUCH 2011という
イベントをやっていることを知り、いってきましたよ東京ミッドタウン!
初のギロッポンですよ。
ギロッポンでシースーベーターですよ。(これが言いたかっただけ)

Good Design大賞のプレゼンとかセミナーとかいろいろやってたのですが、
まずはガレリアを歩いてTokyo Midtown Awardというコンペ作品を見ます。

e0144986_2373532.jpg


節電球。キャンドルですよ。

e0144986_2381281.jpg


富士山グラス。酒好きにプレゼントしたい!
他にもいろいろあったので、ぜひこちらから結果を見てみてください。

e0144986_2384585.jpg


これ、なんだと思いますかー?

e0144986_2391455.jpg


間取り図の広告なんです。
ちなみにこれ、「都市」をテーマにしたアートコンペ部門のグランプリ。
誰もが足を止めて見ていました。

e0144986_2311143.jpg


一般投票もできるよ。

e0144986_23113053.jpg


私が一目ぼれして投票したのはこれです。

4+ ~子どものための包帯~

私の写真が悪いのですみませんが、レースでできた包帯です。

包帯には「怪我」というイメージが定着しているため、包帯を巻いているだけで、周囲の人は「怪我人」として認識する。子どもの感受性は高い。包帯を見ると大人以上に「怖い・痛い」感情を連想してしまい、心にストレスを与えているのではないか。
怪我や疾患で包帯を巻くことを余儀なくされる子どもたちのストレスを少しでも和らげるため「四肢のケア」に「心のケア」をプラスして、子どものための包帯4+をデザインした。


というコンセプトで作られたそうです。もちろん機能性は損なわない。
レースだけじゃなくて、留め具も鳥さんだったりクローバーだったりかわいいんです。
[PR]
by bedlam041 | 2011-10-31 23:16 | Travel

EN CACHETTE 南青山 / 港区

先月東京に歯列矯正の治療にいったとき、
珍しくフレンチでも!とEN CACHETTE 南青山にいってきました。
(本当はAquavitで北欧料理を食べる予定だったんだけど、貸切だった...
 どちらも青山で、私が通う歯医者の近くです)

e0144986_6394973.jpg


青山通りから一本裏道を入ったところ。青山一丁目駅の近くです。
テラス席もあり、開放感があります。
スタッフの方がちゃんといすを引いてくれます。
向かいの席のイスに携帯を取りに行ったりハンカチを取りに行くだけで
サッとイスを引いてくださり大変申し訳ない(笑)

休日ランチは1500円でミニ前菜+メイン+コーヒー。
価格設定少し高め。
価格を下げてランチで釣るというよりは、ディナーのショートコース版。

e0144986_64181.jpg


鹿児島産紫芋のポタージュ。
ミニ前菜ではないですね、スープですね。
甘さ控えめであっさりです。水っぽいかな。
サラサラゴクゴク飲めます。

e0144986_7481113.jpg


霧島豚のグリル、バルサミコ酢とバジルソース。
香ばしくておいしー。お野菜のつけ合わせが多いので飽きません!
この下にきのこも引いてあったなぁ。
感動的においしいというわけではないけど、素材がいいせいかまとまってます。
あ、あとはパンもつくよ。

e0144986_7484120.jpg


一番気になったのは、フロアがそんなに広くないのに、スタッフが6人もいたところ。
3人くらいで回せるのでは...。ランチにしてはちょっと過剰かな。
こ綺麗なお店でマダムっぽい婦人もいたので、お客さんのニーズにもよるんだけど、
個人的には人減らして値段を安くするか、
同じ値段でもスープじゃなくてきちんとした前菜をつけてもらったほうがうれしいかなぁ。
本格フレンチというにはカジュアルすぎるってこともあり。
ほんとに、異様にスタッフが多かったの。

e0144986_7484813.jpg


でも、住宅街にポッとあるフレンチで、隠れ家感は満載です。
青山でフレンチを食べたという思い出は味わえる。
あっ、あと女の子を連れて行ったら喜ばれると思う。
(そんなよくわからないフォロー。でもとてもおしゃれなお店なので)

EN CACHETTE 南青山 フレンチ / 青山一丁目駅外苑前駅乃木坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


[PR]
by bedlam041 | 2011-10-27 23:37 | TOKYO_Gohan

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

角田 光代 / 講談社


長く付き合った男と別れた。だから私は作る。私だけのために、肉汁たっぷりのラムステーキを!仕事で多忙の母親特製かぼちゃの宝蒸し、特効薬になった驚きのピザ、離婚回避のミートボールシチュウ―舌にも胃袋にも美味しい料理は、幸せを生み、人をつなぐ。レシピつき連作短編小説集。




普段、人一倍集中力に欠ける私が唯一集中力を発揮できるのが料理です。
すごく落ち込んだときも、ええいと台所に立てば無心に手を動かせる。
最近他のところでも書いたんだけど、一言で料理っていっても
献立を考えて買い物をするところから始まっていて、
最近たんぱく質が足りてないから鶏胸肉を買おうとか
どんな器にどんな盛り付けにしようかなとか
冷たいポタージュを作りたいからかぼちゃはいつ火にかけようとか
いろいろいろいろいろいろいろ考えることがあって。
今日あった嫌なこととかが挟まってくる暇がない。から好き。

なんてことない日常のレシピ、特別な日の特別なレシピ、
ケンカしたときの仲直りレシピ。
料理は五感すべてを刺激するので、妙に記憶に残る。
作中のそんなレシピたちも、恋人と別れちゃったり、奥さんが亡くなってしまったり、
過度のダイエットをした妹がいたり、いろんなエピソードと一緒に食卓に上がっていて、
どのエピソードも淡々としていて、でもキラリと光が刺すようなお話。

「今日食べたものが明日のあなたを決める」という言葉がとても好きなのですが、
おいしい食事は幸せなわたしを作るんだなぁと実感します。
レシピ自体は基本と素材を大事にした作り方ばかりで、
お休みの日にゆっくり作りたいなぁ、と思うものばかりです。
[PR]
by bedlam041 | 2011-10-13 23:29 | Book

ise jingu -3-

外宮にお参りして、おはらい横丁で腹を満たしたあとはお待ちかねの内宮です。
実はこのとき眠さMAX。
(朝長野を6時出発だし、バスのお隣が足臭態度デカおじさんで一睡もできなかったし、
 すでに15時でよい子もヲタクもお昼寝の時間だったのです)

e0144986_20593061.jpg


じゃりじゃり

e0144986_2059462.jpg


じゃくじゃく(あんよパンパン)

e0144986_210117.jpg


この日はなんと、神楽祭!!!
......の後片付けをしていました。

体力限界でベンチで30分ほど読書。(何しに来たんじゃい)

e0144986_2105599.jpg


五十鈴川に集う人たち。
水、きれいでひゃっこかった。

e0144986_212156.jpg


もう完全に黄昏時でございます。
おばちゃん疲れてメインの参道を外れて明らかに人がいないほうを歩く。


そのとき皇大神宮に、あれほど人がいるとは思っていなかったのだ。
――そう、そのときは。
(なぜ次回予告風)
[PR]
by bedlam041 | 2011-10-11 23:16 | Travel
ライ麦とサワー種を使ったドイツパン。
私が食べ物について真剣に考えるきっかけになった本、
エリカ・アンギャルさんの『世界一の美女になるダイエット』で取り上げられてて、
いつか食べたいなぁ、食べたいなぁと思っていたのです。

長野県内のドイツパンは、ドイツパンと言っても小麦粉の率が多かったり、
ガツン!!とライ麦の味がするパンは食べたことなかったのですけど...。
昨日何気なく中南信地方の食べログをしらみつぶしに見ていたところ、
そしたら三溝駅から1kmと離れていないところに
本格的な石窯パンを焼いているお店があると聞いて、すぐ飛んでいきました。
お店の名前は、ブロート・シューゲルです。

調べてみると、乗鞍高原パン工房のル・コパンのご主人が
2006年に開店したパン屋さんみたいですね。
あそこのパン、だいぶ昔に食べてて知ってたのに...移転したのか。
(ル・コパンでは今は製造してないけど、カフェはやってるそうです)

e0144986_22593.jpg


住宅街にポツンとある。一度通り過ぎる。(お約束)

e0144986_274486.jpg


そうそう、これこれっ。プンパニッケル。
ナチュラルベーグル 歌さんのベーグルより重いですよ。
こんな重いパン持ったことない。、
半分600円とちょっとお高いのですけど...

夕ご飯に薄くスライス&トーストして、生ハムとモッツァレラチーズ載せて食べました。
多分嫌いな人は嫌い(普通のパンでいい!って人多そう)な癖があるパンですが、
ギッシリモッチリ、サワー種ですっぱいところが私は好みです。
何回も何回も噛んですりつぶすことでライ麦の香ばしさが出てきます。
乗せた具材のフレッシュさが引き立ちますよ。ワインとめちゃくちゃ合うし。

ちなみに、プンパニッケルは月2回しか製造していないんでそうです。
おー、なければ石窯パンでいいやと思ってダメ元で行ったらあってよかったです。
種類は少ないですが、他の石窯パンも皮パリでおいしそうでした。

おまけ。

e0144986_18511591.jpg


初めて行くパン屋さんでは必ず買うクリームパン。

e0144986_1853351.jpg


ぱかーん
チョコチップが入ってます。
クリームはぷりぷり系。
200円とこちらもちょっと値が張りますが、おいしかったです。
全体的にお値段高め、でも確実においしいので、おみやげや特別な日のパンに良いですね。
青山や赤坂でもたまに販売しているそうです。

ブロート・ヒューゲル パン / 三溝駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


[PR]
by bedlam041 | 2011-10-10 18:56 | MATSUMOTO_Gohan

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

西原 理恵子 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


お金の無い地獄を味わった子どもの頃。お金を稼げば「自由」を手に入れられることを知った駆け出し時代。「お金」という存在と闘い続けて見えてきたものとは……。「カネ」と「働く」の真実が分かる珠玉の人生論。




この本、ハードカバーでも読んでいたのですが、
また読みたいなぁと思い買ってみました。

「毎日かあさん」の西原さんが書いた、人生で一番大切なお金の話。

西原さんのご実家は、端的な表現をすると貧乏な家庭だったようです。
お父さんは自営業だけど自転車操業、バクチをする毎日。
お母さんはいつもイライラしていて、子どもに「あんたさえいなければ離婚するのに」
とやつあたりをする毎日。

それで、お父さんが人生を賭けたバクチ(比喩ではなく、競馬に有り金つぎ込んだ)に負け、
西原さんの美大受験のその日に自ら命を絶ってしまう。
借金の処理に追われるお母さんがなんとかお金をかき集めて、
西原さんに100万持たせて上京させてくれた...


そこから、西原さんが一生懸命お金を稼いでいく話が綴られます。


いろいろ、本当にいろいろ思うことがあるエッセイだったのだけど。
つらつら思ったことを書いてみようと思います。

・仕事がある幸せ、働ける幸せ
本の中で、フィリピンの「スモーキーマウンテン」の話がありました。
有害ガスが噴き出す苛酷な環境でビンを拾い、稼いだほんの少しのお金は
一日の食費だけで費える。
お金がないから学校にも行けないし、教育を受けられないから
もっといい環境にする方法も、働ける方法も見つけられない。
こういう話を聞くだけでも、日本で「なんのために働いているのかわからない」
なんて口に出せないような気がしてきます...

あと、西原さんご自身の話で、貧困な町には絶対戻りたくないから、
美大時代でクラスで一番絵がヘタで、エロ雑誌のイラストしか仕事がなくても
とにかくやるしかなかった、身銭切ってでもどんな仕事でも受けた。
という話を聞くと、手持ちのカードで勝負かけるしかないんだなぁ、と思う。
与件は与件として今いるステージでどれだけできるか、
それで次のステージに上がれるかどうか決まるんだよね。

・お金がなくても、愛があれば大丈夫、ではない
あと、あと、言うまでもなく、ほんとお金って大事。
西原さんはカメラマンの旦那さんの死を看取るとき、
「働いていてよかった。自分の仕事があってよかった。
そのおかげで、病気だった彼をちゃんと看取ることができた」と思ったそうです。
お金ないと、心がくさくさするからね。
でも、人ひとり亡くなるときにはもんのすごいお金がかかる。
昨年亡くなった祖父を見ていてそう思った。
私も、お金がないときにそういう現実に直面したとしたら、
「正直あまり治療を長引かせたくない」
「もう1つランクが上の治療を受けさせてあげられない」
「お葬式にいくらかかるんだろ...」
そう一瞬でも思ってしまうんだろうか、お金がないゆえに...と想像するとすごく悲しい。

生き死には極端な話だけど、日常生活でもお金絡みのケンカはみっともないですよね。
(実は、体を壊してバイトできず、お金がほんとになかった大学時代、
 金銭感覚が合わなかった当時の彼氏とお金絡みでたびたびケンカしていたのです)
「お金がなくても愛があれば大丈夫」って、私はそんなことないと思うよ。
やっぱりお金は大事な家族を幸せにできる。


えーと、いろいろ書いててわからなくなってきましたが、
要は、稼げってことか。
とにかくこの本、おすすめですよ。
ホリエモンの本並みに自分の金銭感覚に向き合いたくなります。
[PR]
by bedlam041 | 2011-10-10 18:40 | Book

ise jingu -2-

e0144986_23205569.jpg


奥に見えるは神楽殿。

e0144986_23212021.jpg


一体

e0144986_23213216.jpg


どんな

e0144986_2322136.jpg


年月を

e0144986_23213216.jpg


重ねてきたのだろう。

e0144986_23225627.jpg


あちこちに榊があり、とにかく落ち着く。
人が内宮より少なくて、お散歩にちょうどよかった...。
[PR]
by bedlam041 | 2011-10-03 23:23 | Travel