おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Bon Appetit! / 松本市

昨日ワンコにバースデー記念にBon Appetitに連れてってもらいました。
(ちゃっかりリクエスト。)

e0144986_11531783.jpg


オードブル盛り合わせ。

左奥から、

カキのプロヴァンス風(大好物!)、
ホタテ、エビ、タコのブレゼ(かな?)の梅肉風、
豚肉のリエット、
ブルーチーズとさつまいも、
レーズンバター、
自家製コンビーフ、
スモークサーモンとクリームチーズ、
生ハムとグリッシーニ。

少食の私たちにはいろいろいただけて最高です!!
ブルーチーズ、最初に聞いたときは食べられるか不安でしたが、
さつまいもの甘みに独特のコクが加わって、ペロリでした。
他も、もちろんペロリ。

e0144986_1159359.jpg


牛すじの煮込み。
トロトロ。
前も思ったけど、卵でとじでご飯に乗せたい。

e0144986_120591.jpg


ダブルコンソメのオニオングラタンスープ。
ワンコはこれが一番おいしかった!と大絶賛。
私も深い味にびっくりして、ゴクゴク飲み干しました。
一見シンプルなお料理ですが、Wコンソメはムッシューがブログに書いてくれた
作り方を見ると、こんなに手間がかかっているのね!!と驚きますよ。
(ブログの記事はコチラから。)
味の素の顆粒コンソメとは格が何段も違うお味です。

e0144986_1626683.jpg


豚足のロースト。
ねっとりとぅるんとぅるんのぷりんぷりん。
でも、しつこくなくてポン酢醤油とすっごくマッチしていました。
あの、実は豚足食べるの初めてだったんですけど、意外と平気でした。
(だからまずは失敗のないこのお店で食べてみました)

e0144986_16275334.jpg


なんとっ!
サービスでかの有名なボナプリンをいただきました。
ムッシュー、ありがとうございますー♥
実はブログで見てからずっと食べたかったのです。

一言でいうと、とてもシンプルなプリンですね。
プリンとは本来こういうものなんだなーと実感します。
(市販品はきっとたくさんよくないものが入ってるのでしょう...)

ほろ苦いカラメルがたーっぷりとかかり、
卵の味もほど良い強さなので、飲んだあとにもスッと違和感なく入る大人のプリン。


今回も大満足☆でした!
ムッシュー、奥様、素敵な時間をどうもありがとうございました。


おもしろかったのは、ムッシューがワンコを「ワンコ」と呼んでいたことです(笑)
もうこの呼び名もだいぶ定着した模様です。
彼的には複雑な心境らしい...まぁまぁ落ち着いてったら。

おもてなし厨房 Bon appetit! (フレンチ / 松本、北松本、西松本)
★★★★ 4.5


[PR]
by bedlam041 | 2010-02-28 15:08 | MATSUMOTO_Gohan

ことばの魔術師からの贈り物

オグ マンディーノ / ベストセラーズ


講演家・言葉の魔術師たちの世界を舞台に人間ドラマが展開する。ちょっと疲れたり、何のために頑張るのか、と思ったとき開く本。勇気づけられる言葉にあふれたハートウォーミング・ストーリー。




自己啓発小説の権威、オグ・マンディーノの遺作です。
高校生のときに『十二番目の天使』を読んで、すごく好きだったので
(今でも実家に帰るとたまに開きます)
遺作ということで買ってみました。

講演家エージェントを寂しくも引退したバートは、
NYでゆったりしつつも物足りない余生を送っていました。
が、ひょんなことでまた現役復帰し、1人の若々しい講演家に出会う...

物語の主軸はバートと講演家・パットとのやりとりを中心に繰り広げられていきます。
もちろんパットの瑞々しくも力強いメッセージも心を暖めてくれますが、
一度は「いい年して働くのは良くないんじゃないか...」一線を退いたバートが、
また生き生きと人生を楽しみ、興奮を取り戻す過程が私は好きです。


トリンプ元社長さんの吉越浩一郎さんが最近BizPlusの連載でおっしゃっていたのですが、
(記事はコチラから。この連載は本当に参考になりますよ)
平均寿命が80歳として、定年が60歳。
20年もの間を「余った人生」と位置づけてしまうのはもったいないですよね。
私も早く、ライフワークを見つけたいものです。


そんなことを考えながら読んた本書。
最後に、言葉の魔術師からの最後の言葉、それの抜粋をどうぞ。




新しい人生を送るための指針集

1. まず、自分のことを、干草を数回かじるだけで満足している羊ではないと認識すること。
 あるいは、来日も来る日も哀れっぽくなきながら、当ても泣くさまよう群れに従うことに満足している羊ではないと認識すること。

2. 目が覚めたらすぐ、その日だけを生き、その日に割り当てられた仕事だけをするために、自分を一日という仕切りの中に封じ込めること。

3. 今日出会うあらゆるチャンスをとらえて、もうひとがんばりすること。

4. 今日あなたに降りかかるかもしれない災難の大半は、勇気を持ってあたれば、大抵、それに見合うか、それ以上の恩恵をもたらしてくれると認識すること。

5. けっして、小さな事柄を無視しないこと。

6. 決して、多忙を隠れ蓑にしないこと。

7. 人のせいで、あなたの一日を台無しにしないこと。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-27 23:53 | Book

サヨナライツカ ― Sayonara, toujours pres de moi (世界文化社)

辻 仁成 / 世界文化社


「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」。“好青年”とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。



「サヨナライツカ」

テレビでこの映画のCM、やってますよね。
あのちょっとザラついてエロティックな映像に惹かれて、原作を読んでみました。

いろんな意味でいろんなことを考えてしまったので...忘れないうちに。


ここからは思いっきりネタバレなので、注意!


ストーリーを平たく言ってしまうと、
赴任先のバンコクでセクシー日本人美女・沓子と恋に落ちて、酒池☆肉林!
でも東京には大和撫子の婚約者・光子が待ってて、あと4ヶ月でケコーン。
相手は有力者の娘で、結婚すれば出世街道まっしぐら!
俺ってほら、爽やかで優しい好青年だから、
別れは女のほうから言い出してもらわないと困っちゃうなー
皆にバレちゃうし、でもなかなか別れるって言ってくれないし、
うげげっ、そんなこんなで式まであと2週間!あわわのわー (゚∀゚≡゚∀゚)

…で結局真綿で首を絞めるような最低な別れ方をするのですが、
四半世紀後、ひょんなことをきっかけにバンコクで再会するのです。


きっと、読者の属性によって感情移入する相手が大きく分かれるのでしょう。

一度でも取ったり取られたりがある独身女性は、沓子に。
ご結婚されている方は、光子に。

私は前者でした。
好きな人ができたら突進していって、
めいっぱい愛情を表現する沓子にすごく共感しました。


…で、どっちにしても怒りの矛先は自称好青年、豊に向くと。

「別れなきゃ別れなきゃ」といいつつも、
沓子の前で光子に電話して諦めさせようとしたり、
「君はずるすぎるよ。」と沓子になじられても申し訳なさそうにうつむくだけ。(しかもわざと!)
結局お前何もしてねぇじゃねぇかよ!!凸(゚Д゚#)うがーっ


浮気の是非を語ろうとすると歯切れが悪くなってしまうと思うのですが、
ダメなんですよね。肉欲には勝てない。
体は賞味期限つきだし、動物だとか刹那的だとかそれで誰かが傷付くと言われても、
「えーはいはいわかってるんですよんなことは でもやめらんないのっ」となる。
光子がかわいそうだっていうのは百も二百も承知なんですけどねぇ。
男と女の体のことはねぇ。(と妙にババくさい感想になる)


そんな私が異様に感情移入してた沓子さん。
(自称好青年とは違い、25年間、誰とも愛し合わずに生きていきます)
最後病気で人生を終えるとき、最後の最後に豊がバンコクの病床にやってきます。

この沓子のセリフが一番好きでした。

「こうして、最後にあなたを目の前にしていると、まるであなたと私はあの時、別れないで、その後結婚をしてずっと伴侶として生きてきたような感じがする。あなたが私の夫だったように思う。あれからずっと一緒にここで暮らしていたような気がする。苦しくて、寂しい人生なんか生きなくて、幸福で楽しい日々を生きてきたような気がする。」

『死ぬときに後悔すること25』を書かれた大津秀一先生がおっしゃっていたのですが、
どんなにダメな人生でも、悔いが残る人生でも、
最後の瞬間にパーッと光が差せば、オセロゲームのように
黒い石がパタパタパタッと全部白に変わって大逆転が起きる...
そんな話を思い出しました。


とはいえ豊のダメヲっぷりが誤魔化されるわけはなくて!!


うーんどうなのかなー
女性にとっては、異様に読後感の悪い作品だと思います。
人生を変えてしまうような、4ヶ月だけの恋ってあこがれちゃいますけど。
これを殿方が読んだらどんな感想を抱かれるのでしょうか。
被験者を募集します(笑)報酬は要相談で。
とりあえずはワンコに読ませっか。
誰か読みませんかー?
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-25 23:17 | Book
そうそう、週末には久しぶりにCiaoにジェラート食べに行ったのでした。

e0144986_1613549.jpg


大好きなほくほくかぼちゃ×クロップド・フェスティバル。
クロップド・フェスティバルはさつまいもにりんごのコンポートでした。
どちらも大好物♥
ここのかぼちゃジェラートは、ジェラートなのに本当にほくほくするんですっ。

e0144986_19184719.jpg


そうそう、ひょんなことで一緒に行くことになったSくん。
(もちろんワンコも一緒ですよー。)
珍しい柄のペアグラスをプレゼントしてくれました。
レトロモダンで、黒と赤がバシッと決まっててステキ。
ありがとーSくん、ワンコと使うね( ゚∀゚)


去年ワンコともども遊んでくれたSくんは、今月から上田勤務になってしまい
寂しい思いをしていたので、とってもうれしかったです。

有朋自遠方来 不亦楽

ですね。わかるよ孔子さん。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-22 22:12 | MATSUMOTO_Gohan

ひげじい / 山形村

昨日はY氏からランチのお誘いをいただき、ワンコと3人でひげじいに。
(以前の記事はこちらからどうぞ。)

e0144986_1638144.jpg


ワンコは有名らしい、ビーフシチューがけのオムライス。
うーん、やっぱりラガーアリスには敵わないかな?
…とラガーアリス以外のお店でオムライスを食べるたびに
そういう結論に落ち着きます。

e0144986_16393654.jpg


私はロコモコ丼!
ハンバーグ大好き、温泉卵大好き、お野菜大好きな私には
スペシャルなメニューです。
BBQソースがピリ辛でガンガン食べられました。

e0144986_1640538.jpg


次はデザートを食べてみたい...


丁寧な接客と工夫を凝らしたメニューと店内なので、
幅広い年代で楽しめるお店ですよ。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-21 16:44 | SHIOJIRI_Gohan

「ひきこもり国家」日本―なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか (宝島社新書)

高城 剛 / 宝島社


なぜ日本の国際競争力は年々低下するのか?
なぜ世界中で日本ブームが起きているのか?
なぜiPhoneの発売は世界から大きく遅れをとるのか?
グローバル化する世界では、世界がものすごいスピードで動いている。
それなのに日本はただただ「まったり」して「ひきこもって」いるだけ。
今やスローライフとかロハスとか言ってる場合じゃない!
まったりしてる間に世界は激変しているのだ!





昨日一緒にご飯食べに行ったときにY氏が貸してくれましたよっと。
Y氏ー、読んだどー。

高城さんってどどどどどどどーこかで聞いたような...
と思っていたら、そうだ、沢尻エリカさまのダンナだ。


論旨と論調的には大前研一さんと似た感じ。
世界に目を向けよ、と。


確かに私が勤める会社でメインにやっている仕事はITなのですが、
(私はだいぶかけ離れたところにおりますけれども)
とてもじゃないけれどグローバルとはいえない。
高城さんの言うとおり、IT系は他と違って物理的な障壁は低い産業なのに...


昨日日経Podcastを聞いていて、リスナーからの質問で

「最近良くニュースで経済成長と聞きますが、もういいんじゃないかと思います。
 周りには十分モノもサービスもありますし、
 そこそこ稼いで幸せなら、現状を維持するだけで十分なのでは?」

というものがありました。
多分、若い人たちの中で、父親世代が馬車馬のように働いている姿を見ていた人は
そう考える人も多いのかもしれません。(私も。)


ただ、それは日本だけを見渡した話で、一回世界に目を向けると、
グローバル社会に気づかないうちに身を浸している今は、
BRICSやVISTAなど他国が成長するということは、
日本は現状維持しているようであって、相対的に衰退してるってことなんですよね。


となると、本書にもあるように格差社会は国内の問題ではなく、国の間の問題。
ひいては「使うもの」と「使われるもの」に分かれるわけで、
今すぐに日本の付加価値を高めなければ、
完全にジャパン・パッシング(バッシングではなく)となる日も遠くはないでしょう。


えーとえーと、となると私はどうすればいいのって話で...
とりあえず、お金を貯めてお金に稼いできてもらうってことですかね。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-21 15:56 | Book

幸福論

小倉 千加子 / 岩波書店

スコア:


少子化、階層化、高齢化といった閉塞状況が日本社会をおおい、恋愛、結婚、家族、仕事などのあり方は激変している。現代の女性の生き方を画期的な視点から論じる小倉千加子氏と、買物依存、美容整形依存におちいりながら高度消費社会の混沌を生きる中村うさぎ氏が、この生きがたい状況をめぐり徹底的に語り合い、現代日本の見えない危機をえぐりだす。




珍しく対談本です。

強烈なキャラクターで知られるエッセイストと、社会学・女性学の論客のコラボ。
フェミニズムというデリケートで抽象的なテーマを扱う上、
やっぱり対談でボリュームもなかなかなので読むのに時間がかかりました。


えーっと、ファッションから東電OLからネットからいろいろな話題があったので
まとめるのはとても難しいんですけれど、
きっと、フェミニズムの原点って、身体や自我の定義を他者視点から求めるのではなく、
あくまでも自身が定義づけるべき、というところだと思うのです。
噛み砕くと、「私は誰のものではないと思うこと」「見られる性からの解放」、かな?


フェミニズムの台頭は高度経済成長真っ盛りのときですが、
「身体性の解放と開放」はいまや誰にでも必要な考えだと思う。
自分の中のエゴイズムと、周りからのコントロールを自覚して
うまーく付き合っていくことが大事なんですね。
そう、まずは私は誰かから見られている、っていう自覚が第一歩。


って何書いているのかよくわかんない感じになってきちゃいましたが、
中村うさぎさんについては、ぜひ!こちらの記事を読まれると
いいんではなかろうかと思います。

ロスジェネ世代の叫び! 「ボク様未婚男のリアル」

日経Associeで連載しているボク様(今は既婚男)シリーズのゲストで、
中村うさぎさんが、連載主の大宮さんをバッサリ切り捨てるところが痛快。

この連載で登場するボク様たちの本音は、弱っちろくて大和撫子に妙に理想があって
それ以外の女は汚いもので(そして風俗に行く)
でも女にもそろそろ稼いできてほしいかなっ
でもボクの顔も立てるのは忘れないでねっ
ってのがありありと伝わってきて、ここまでくると喜劇的でかわいらしいもんです。

---

今日夕ご飯にドライカレーを作ったら、お鍋を派手にこげちらかして、
慌ててまな板の上に乗せたら(なんでのせたわたし)、
まな板までこげちらかしてしまいました。
しかもドライカレーに使ったオージービーフはさすが100g60円だけあって
驚くほどまずかった。
黒コショウとありとあらゆるハーブを投入してなんとか味を誤魔化しました。

あーへこむ。ち。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-16 21:39 | Book

どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

小宮 一慶 / ディスカヴァー・トゥエンティワン


経営コンサルタントとして、毎月、北海道から九州まで十数社の顧問先の経営会議等に出席するかたわら、年平均200カ所での講演、月に2回ほどのテレビ出演、さらには、月10本以上の連載と年に数冊の単行本の執筆、そして、毎年欠かさない家族との長い夏休みと、常人の5倍は仕事をこなす著者が、満を持して著した、究極の時間術。量ではなくて、質が肝心。あなたの単位時間当たりのアウトプットとインプットの質量を飛躍的に上げる90分。





経営コンサルタントの小宮一慶さんの本。
本田直之さんといい小宮さんといい...
物書きが本業じゃない人ほどバシバシ本を出版されますね。

以前『発見力』がおもしろかったので、買ってみました。

時間力の本はたくさん出ていますが、それほど時間管理が難しく、
満足に自分の生活にオーナーシップを持てない人がたくさん、ということ。
もちろん、私もそのひーとーりー( ゚∀゚)♪

この本で、時間力を阻害するものが7つ、挙げられていました。

誘惑1 時間があること
誘惑2 時間を決めないで残業をたくさんする
誘惑3 簡単な仕事を早くこなして仕事ができると勘違いする
誘惑4 適当に食える
誘惑5 夜更かし、不摂生
誘惑6 だれかが手伝ってくれるだろう甘え症候群
誘惑7 適当に仕事をする人をパートナーを選んでしまう

これだけでなくて、一番大切な障害は、これなんだとか。

迷っている時間。
アウトプットの少ない人は、迷っている時間が圧倒的に長い。

(本書より)


あー!ゝ( ゚∀゚)メ(゚∀゚ )ノ   ←胸に覚えあり


確かに、「できないかも」と思ってアウトプットに結びつく行動を起こさない人は、
「できるかも!」と思ってガンガン行動に移す人よりも断然行動量が少ない。
仕事で成功を収める人って、走り出してから考えるんだと思います。


というわけで、実は私が少し前からやってるネガティブ退治法、
小宮さんもやっていらっしゃいました!(私のは、和田さんのウケウリ。)

輪ゴムを、手首にはめるんです。
それで、いやだなー とか 失敗したらどうしようー 面倒だなー とか
仕事中に考えてしまったときに、パチンと一発。
ゴムパッチンしよう」と思った瞬間には頭の中が切り替えられているんですけど、
少なくとも私は、頭がシャッキリします。子供だましみたい?

あっ、さすがに妙齢の女子(自分で言ってみる)が仕事中に
輪ゴムハメるのもすさまじいものがあるので、
ちゃんとニセパールのブレスレットで代用しています、ということを声を大にします。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-15 20:57 | Book
今日はバレンタインでしたー。
ワンコはチョコが苦手なので、アルセーバでランチをごちそうです。

e0144986_2015232.jpg


今日ははじめて個室に通していただけました。

e0144986_20122944.jpg


e0144986_20124352.jpg


モッツァレラチーズとトマトのパスタ。
溶けかけたモッツァレラがおいしい。

e0144986_2013613.jpg


鶏肉ときのこのクリームパスタ。濃厚。

e0144986_20214456.jpg


デザート:ヨーグルトのズッパ、ガトーショコラ、イチゴのジェラート。


個室はまったり落ち着きます。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-14 20:23 | SHIOJIRI_Gohan
e0144986_1053927.jpg


…というわけで、3D英語のAVATARを見てきました。
映像はいろいろな方が触れられているとおり、奥行き感がすごかったですね。
「あたかもそこにいる感」は思ったよりはなかったのですけれど、
逆に3D酔いもなかったので、このくらいでちょうど良かったかもしれません。

一度大佐の命令でナヴィに投げ込まれた催涙ガス?の缶が
地面にワンバウンドしてこっちの方に飛び込んでくる錯覚で、
1cmほど「あっ」と避けてしまいました(-ε- )

3Dでなくても、映像はパンドラの世界がすべてCGとは思えないくらいリアルで、
高いところから見下ろした景色、落ちたら一巻の終わりのシーンが
ハラハラドキドキ怖かったです。


ストーリーは、いろいろつっこみどころが満載だったのですけれど、
(ナヴィは明らかにネイティブ・アメリカンを意識していて、
 あれ本当に問題なかったのでしょうか...)
最初 気高い文明人 VS 野蛮な未開人だった構図が、
徐々に 野蛮な文明人 VS 気高い未開人に変わっていく。
白人至上主義とリベラリズムがミックスされた筋書き。

人類(西洋文明と言い切るのは危険ですかねー)は、
最初その目に非文明的として写ったものはすべて「あんな野蛮人は排斥せよ!」
とボカスカやりたい放題するのに、
制圧しきった途端、mother natureと言って尊ぶべきものとして崇め奉る。
その視点も西洋文明杓子の勝手な解釈で、「やりたい放題」だと思うんですけどねー。
どちらもどっちで、ほどよい理解とほどよい距離でいいんでないのと、
そんな映画の本筋とはちょっと違うことを考えたりなんかしました。


あっ、現実と仮想現実の比重が物語を経るごとに変わっていくのも
主人公の葛藤があっておもしろかったです。
(ここにスポットを当てて話を深堀してもいいのになと思ったのですが、
 それだとドンパチが全然ない仕立てになっちゃいますね(・ω・))

---

ちなみにワンコはポスターすら見ずに行ったので、
「カールじいさん」系のほのぼの映画だと思っていたらしい。
そして映画のはじめに人間が出たからびっくりしたらしい。(おばかー)

でも、映画デートは実は初めてなんですけれど、良いですね!
初デートに映画、おすすめです(・∀・)
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-14 10:24 | Book