おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Mona Chulos / 松本市

年末にも行きましたが、今度はワンコとです。
忘れないうちに書いておこーっと。

先週の土曜日、予約客だけでお店が満杯だった模様です。
同伴出勤のおねーちゃんとおじちゃんとか
接待で絶賛セクハラ中のおじちゃんとかおねーちゃんたちとか

こじんまりとしたお店はお客さんで込み合ってました。

e0144986_201717.jpg


ハモンセラーノとスモークホタテ。

e0144986_20173042.jpg


スパニッシュオムレツ。
(うちにもスキレットがあったらなー)

e0144986_2017582.jpg


3種類のピザ。
アンチョビ、スパイス、トマトとポテト。
3種類を少しずつ頂けるのがうれしいですね。

e0144986_20203594.jpg


フライドチキンのカレーソース。
年末も思ったのですが、これだけちょっと異質なメニューな気がしないでもない(笑)

e0144986_20184766.jpg


シーフードのガリシア風。
ココットがボゴボゴ煮たってる状態で運んできてくれます。

e0144986_20193229.jpg


お待ちかね!のパエリヤ。
ご飯少なめの具多めでおいしかったですー。

e0144986_20213759.jpg


デザートは小松菜のケーキ、3種類のシャーベット。
シャーベットはちょっと甘めかな?
柑橘系がきても良かったかも。
でもこのサービスはすごくうれしかったです(*´д`*)


皆さんお忙しそうなのにバースデーソングを歌ってくださったり、
ちょっとした対応が細やかで気分良く過ごせました。
家族経営されているせいか、アットホームなお店ですよねー。
バーテンのイケメンお兄さんがシェリー酒のソムリエということもあり、
お酒の種類も豊富で親切に相談に乗ってくださいます。

e0144986_20234282.jpg


ごちそうさまでした!
ワンコもありがとう。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-25 20:25 | MATSUMOTO_Gohan

W/F ダブル・ファンタジー

村山 由佳 / 文藝春秋



奈津・三十五歳、脚本家。尊敬する男に誘われ、家を飛び出す。“外の世界”に出て初めてわかった男の嘘、夫の支配欲、そして抑圧されていた自らの性欲の強さ―。もう後戻りはしない。女としてまだ間に合う間に、この先どれだけ身も心も燃やし尽くせる相手に出会えるだろう。何回、脳みそまで蕩けるセックスができるだろう。そのためなら―そのためだけにでも、誰を裏切ろうが、傷つけようがかまわない。「そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる」。

---

先々週末に「王様のブランチ」でも紹介されていましたが、
村山由佳さんが新作『ダブル・ファンタジー』を出されました。


今まで村山由香さんの全作品に目を通してきて、
「良くも悪くも、売れる作品を書く人だよなー」と思ってきました。
「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズのかれんさんなんて、まさしく。
いかにも健全な男子が好きそうなか弱い女の人で、
(なので不健全な女子の私からするとちょっとイラッとする)
健全な男子なら誰もが直面する悩みを、いかにも売れそうな感じに盛り込んで。


…と、ここまでいかにも売れそうな小説を書くのってすごいよなーと
(でもやっぱりおもしろいから読むと止まらないんですけどね)
少し引くくらいだったのですが、今回はご本人も語っていらっしゃっているように、
今までの作品とはずいぶんと毛色が異なる作品です。
作中の言葉を借りると、「広げた大風呂敷をあえて畳まない」感じというか。
正直言うと、ストーリー的には話という話はあったりなかったりなのですが、
細かいところにいちいち共感できる作品でした。


溢れる性欲のお話では『海を抱く BAD KIDS』の続編っぽいし、
大人な性描写という点では『野生の風』っぽい。
でも今までは愛がなくてもきれいで気持ちいいセックスが多かったのに、
今回は汚なかったり気持ち良くなかったり萎えるセックスも
きっちり描いてあるのが大人向けだなと思います。
(エロ坊さんの「極楽浄土を見れました」には爆笑しました)


自由であること。
性的に縛られないこと。
仕事に制限を受けないこと。


当たり前であってほしいのに、当たり前じゃないし、
作るのも持続するのも難しいことなんだよねって思い知らされます。


以前村山さんの作品を読まれた方はご一読頂けると、
また違った魅力を発見できるのではないかと思います。
そんなこんなで久々の小説レビューでした!
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-23 21:08 | Book

STUDY HACKS! / 小山 龍介

STUDY HACKS!

小山 龍介 / 東洋経済新報社



『IDEA HACKS!』『HEALTH HACKS!』『TIME HACKS!』

など、最近「HACKもの書籍」(と私が勝手に呼んでいる)が
チラホラ書店で見受けられるようになりましたが、
元々はLife Hack、つまり

「効率良く仕事をし、ストレスなく生産性をあげるための小さなヒント」

というコンセプトからきています。
「効率」「ストレスなく」がポイント。


ビジネス書で異例の売り上げを達成した勝間さんの
『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』も、
パッと見「年収10倍アップ」に目が行ってしまいかちですが、
勝間さん曰く、「無理なく続けられる」という方に主眼を置いてほしいとのこと。

意思の強い人が優れているのではなく、
人間はみんな意志が弱いのだから、意思の力でなんとかするのではなく、
続けられる仕組みを作ることに集中しようという行為がHACKです。
きっとRSSとかGoogle DesktopはHACKの最たるものでしょう。

(つまり、「楽をして成果をあげる」のではなく、
 「楽して努力をする」というコンセプトですね)

…と、掲書とは少し話が横道にそれましたが、
『Study Hack』には、効率良くインプットするためのHackがいっぱい書いてあります。
勉強環境の整備やツール、試験勉強の効率化などなど、
知ってる人にはつまらないけれど(最近はLet's Note使ってる人多いですものね)、
知らない人にはきっと ほえぇ ってなることが満載です。


今回は本書の紹介よりも、HACKという考え方の覚書も兼ねて書きました。
勉強したいことはいっぱいあるけど、なかなか時間が作れない…という方はぜひ!


…ところで『BEAUTY HACKS!』って本、そろそろ出ないですかね。
雑誌やTVで見る美容法って、得てして時間も手間もかかるものなのですよ。
さすがにこればかりは「楽して努力する」なんて無理っすかねぇ。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-19 22:42 | Book
ふふ、札幌に引き続き船橋も新たにいつきにっきに加わって、
なんともうれしい限りです。(ほくほく)


出張で船橋に行ったのですが、2日目に思いがけず長いお昼休みを頂戴し、
(ユーザビリティテストで被験者さんがサクサク進めてくださったおかげ!)
先輩と3人でにょろにょろ行列ができるラーメン屋さん、
「麺屋あらき 竈の番人」に並ぶことに。
冬の野外で並んで待つなんて、千葉ならではの芸当ですね…。

e0144986_22372831.jpg


一番ベーシックっぽかった味玉らーめん。750円。
ここ数年流行の魚介系スープ。
鰹がメインのようで、一すくい口に入れると、ブアッと魚介の出汁の香りが強くしました。
ただ、不思議と喉越しはするするするんですよねー。
チャーシューは柔らかジューシーというよりも、肉の繊維と味がするタイプ。
一口で「ぎああうまいいぃ」ってなるわけではないのですけれど、癖になる味でした。
でも味玉は断然松本市の狼煙の方が好きだなー。


にしても、最近魚介だの豚骨だの独創性溢れるラーメンばかりなので、
フッツーーーーのおいしいラーメンがお店で食べたい。
いっそチャル○ラみたいなやつ。
ちなみにそんな私が一番大好きなベーシックなラーメン屋さんは、
上越市にある私の親戚のラーメン屋さんです…(プチ宣伝)
上越にお立ち寄りの際にはぜひ。おすすめは昔ながらの本店です。
工場地帯の一角にあるので、お昼はむっさいオヤジでいっぱいですが。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-17 22:45 | SONOHOKA_Gohan

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

勝間 和代 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



完全に乗り遅れた感がありますが。

『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』
『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』

に引き続く、勝間さんのビジネス基本書籍3部作最後の書です。
「ビジネス思考法」の枠組みを、フレームワーク力をベースとして、

1. 論理思考力
2. 水平思考力
3. 視覚化力
4. 数字力
5. 言語力
6. 知的体力
7. 偶然力

と定義づけています。


他の勝間さんの本で見知ったことも多々見られましたが、
やっぱり初期に出された本だけあって、基礎中の基礎が書かれています。
勝間さんの本を読んだことがなくて、これから読みたい!って方にはうってつけ。


ちなみにひとつフレームワークを例に挙げると、「空→雨→傘」
のフレームワークが一番好きです。

「空が曇っていて(事実)、雨が降りそうだから(仮定)、傘を持っていこう(判断)」

という仮説検証のプロセスって、仕事だけでなく日常生活でも
充分に使えるんじゃないかなぁと思います。

これを読んで私のビジネス思考力が上がったわけではありませんが、
ロジカルでなかなかおもしろい本でした。


次は『ブレイン・ティーザー ビジネス頭を創る100の難問』を読んでみよう。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-17 22:29 | Book

寿司寅(上田市)

先日、ワンコの上司で私も一緒にかわいがってくださったKさんが、
他部署へ引き抜かれて3月に愛知へ行かれるとのことで、
送別会(?)にお寿司を食べてきました。


ちょっといかがわしいお店が立ち並ぶ袋町の一角にある、
京都で修行を積んでこられたご主人が握るおいしいお寿司屋さんです。


中に入ると、カウンター6席、テーブル席3席と小さめですが、
ほんとに京都のお店のようなしっとりした雰囲気でした。
艶やかな紅一色のテーブルも、ピカピカに磨き上げられていて、
調度品も目立ちすぎずいい感じ。
こっそり誰かを連れて行くにはベストなお店じゃないかしら。
駅前とかいかにもな感じの街中だと芸がないしねぇ。


e0144986_20144646.jpg


上寿司。2000円
一貫一貫が小ぶりで、シャリが甘めでお上品。
(もう少し堅めで粒がはっきりしていてもいいかもしれませんが)

e0144986_20173146.jpg


ちらし寿司。
私は体調不良につき食べられませんでしたが、きれいですよねぇ。


送別会でご飯をご馳走するつもりだったのに、
結局Kさんに大方払って頂くことに…(´・ω・`)申し訳ない。


たまに会うと車のことしかベラベラしゃべらないくせに、
ふと仕事のことを話してくれると、一言にとても重みのあるKさん。
ワンコがとても尊敬していて、おちゃらけてても気配りができるいい男なKさん。
やっぱり遠くに行ってしまうのはさみしいなぁ。
不景気ってやぁねっっ(・A ・)
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-16 20:22 | UEDA_Gohan

投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編

竹川 美奈子 / ダイヤモンド社



この本、Q&Aじゃない本の方が有名で先行してるんですけど、
先日札幌へ行った帰り、千歳空港で間違えて買ってしまい、まし…orz


でも、1度投信の勉強をすればある程度すんなり入れる本でした。
さすがにゼロからのスタートってわけにはいかないかもしれませんが。


前著の反響を受け、Q&A方式で

・やっぱり毎月分配がほしいんだけど!
・あの、実はもう毎月分配の外債アクティブ買っちゃってるんですけど…

といった代表的な質問に答えつつ、
後半では年代×収入別にファイナンシャルプランを提示していっています。


個人的にはセゾン投信をプッシュしてたのが興味深かったです。
ちょうど手始めに買ってみようかなと思っていたので…
いくつか本屋さんで投信関係の本を立ち読みしていましたが、
名指しで「ここがいいよ!」なんて言うのはちょっと珍しいですよね。
(ちなみにもう一個薦めてたのが、マネックス証券。)


えーとえーと、結論は、やっぱりQ&Aじゃない前作から買えばよかったなってことです。
(いや今回は本が悪いんじゃなくて私が悪い)
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-03 22:01 | Book

結婚願望 / 山本 文緒

結婚願望 (角川文庫)

山本 文緒 / 角川書店



あの、なんだかいきなりこんな本で申し訳ないです…。
でも、山本さんの本はやっぱり素敵でした。

「はじめに」から ほおぉー と思うことがいっぱいあって、
お風呂に入りながら1冊丸々一気に読みました。

若い時の恋愛結婚は、沈むわけがないと信じきって豪華客船に乗り込むようなものだ。
けれどある程度年齢がいけば、もうみんな「タイタニックは沈むもの」と知っている。
なのに、やはりそれに乗ってみたいという願いは消せないでいる。
図々しくても何でも、人は人を好きになる。
そしてその感情を程ほどのところで止めておけない人間を、私は愚かで愛しいと思う。
賢く生きても、どうせ船は沈むのだ。


ってところが一番好き。
なんかもうどうでもいいや って気になりました。(いいんだろうか)


最近はお金の本やお仕事の本ばかり読んでいますが、
(しかもそれも来週末の検定のためにほとんど時間を割けず…orz)
たまには原点回帰。
バスソルトでばーっと汗をかいて、好きな本をばーっと読む時間は至福。


ただ、せっかく今日は夕ご飯を抜いてデトックスできたと思ったのに、
今どうしてもお腹が空いてチョコパイ食べてしまいました|||| (☉д☉;) ||||
すっごく悔しいけど、でもチョコパイたった一つで、
今まですごく元気で澄んでた体が汚れるのがすぐ感じられて、
それだけでも収穫だなぁとチョコパイ(←大好物)絶ちを決めました。
ほんと、1日でも菜食になると、体の嫌がることが分かるようになりますよ。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-02 22:50 | Book

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

小宮 一慶 / ディスカヴァー・トゥエンティワン




突然ですが。


コンビニのセブンイレブン、SEVEN-ELEVEnって
最後の「ん」の字が小文字になってるってご存知の方はいらっしゃいますか?


コンビニなんて毎週行くのに(おジャンプ読むため)
私は全然気がつきませんでした。
でも、1度そう言われればもうしっかり目が行くし、
でも、言われないときっと一生気がつくことはないんでしょうね。


掲書はそんな「発見力」を身につけるためには…という本。
以前の『地頭力を鍛える』を読んで以来、気になっていました。
岩波などの通常の新書に比べて行間が空き気味、概念図も多くて文章量自体は多くない。
(本気でかかれば2時間で読みきれるボリュームです)
でも、評判どおりの良書。
ザッとまとめると↓な感じなのですが、

<まとめ>発見力を身につけるための10のヒント

1. 先に要点を知る
2. ヒントを先に得る
3. 分解する
4. 情報を減らす
5. 気付いたことをすぐメモする
6. 比較する
7. 一部を取り替える
8. 視点を変える
9. 複数で話す
10.素直になる


1, 3, 4, 9なんかはほんとフェルミ推定の肝ですよね。
(全体から考える、単純に考える という部分)
それプラス、抽象化したものをどうアレンジするか(比較する、一部を取り替える)という
具体的な思考法まで触れてらっしゃって、とてもためになりました。
なるほど、こうやって思考は開拓されてくのねと思いました。
実際に私の脳みそが開拓されるかは別として。


蛇足?として、「いいお店とは」という箇所でなるほろー!( ゚Д゚)と思ったのが、

いいお店はお客様本位である。
     →だから、プチトマトのへたが取ってあるレストランはいいお店。

という部分。
あ、確かにそうかも。
そういう小さな仮説から結論を導く力、ほしいですね。
[PR]
by bedlam041 | 2009-02-01 09:37 | Book