おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

からだにおいしい 野菜の便利帳

高橋書店


久々に料理本を購入しました。
正確には料理本ではなく、野菜事典のようなもの。
以前読んだ『スキニービッチ』の影響を受けて、
最近なるべく肉食から菜食に切り替えようとしてるので、
(手始めに週1でノー動物性タンパクdayを作ってみました!)
野菜についてもっと知りたいなーと思ったのがきっかけ。


旬の野菜や栄養価、野菜を最大限生かす調理方法を知りたいときに、
パラパラめくってすぐ調べられる本があればいいなぁと思っていたので。
こういってはアレですけれど、料理本は主夫&主婦ターゲットなので、
すぐ使える料理が書かれたものが多いのですよ。


家庭で使うベーシックな野菜とそこから派生した種類について、
特徴やルーツ、保存方法などがふんだんに紹介されています。

フルカラー、でも落ち着いたレイアウトなので、読みやすいですよ。
こういう料理事典的な本って専門性が上がるせいか
デザインがもっさいものが多い印象だったのですが、これは大丈夫。


ずっと大事にしたい本です
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-25 18:32 | Book

開陽亭(札幌市)

まさかこのブログに「(札幌市)」って書く日が来るなんてッッ…(*´д`*)
魚卵や肝系が苦手な私ですが、せっかくなので食わず嫌いを封印しました。


というわけで、札幌出張の2日目、
すすきのの帝王さん(…と私が勝手に呼んでいる)のオススメで、
開陽亭という函館料理のお店に行ってきました。


結論から言うと、あんなおいしいお魚は初めて食べました!!
さっすが北海道です。御見それしました。

e0144986_22193394.jpg


いか刺し。
身が透き通っているの、分かりますか?
お店の水槽で泳いでいるものを捌いているので、文句のつけようもなく新鮮。
30分もするとだんだん白くなってきてしまいます。
やわらかくて、身が甘くて、いくらでも食べられちゃいそうでした。
ちなみにゲソは焼くか揚げるかして頂けます。

e0144986_22233311.jpg


ほっけのお刺身とほっけ焼き。
ほっけは焼くものだと思っていましたが、
新鮮なものはお刺身でも充分おいしいのですねー。
旬なので、脂が乗っていて、舌の上でほんとにとろけました。焼きも身厚。

e0144986_22263732.jpg


じゃが塩辛。
私の上司がとてもとてもとても好きみたい。
正直塩辛は当たりはずれが激しいので敬遠しがちだったのですが、
ゴロが生臭くなくてとても食べやすかったです。
男爵いももほくほくで甘く、バターなしでも充分いけるくらい。
「じゃが、バター?に塩辛なの?」という組み合わせが癖になります。

e0144986_22284272.jpg


お待ちかねの蟹先輩。
ほらー見てくださいよこの卵ー。(やっぱりテンションがあがる)
卵はプチプチと海ブドウとたらこを足して2で割った感じでした。
もう何も言うまいってくらいおいしかったです。

e0144986_2230955.jpg


イカのゴロ煮。
煮詰めたゴロがこっくりとしていてとてもお酒に合いそう。


他にもずわい蟹のクリームコロッケを食べたり(ずわいがごろんごろん)、
鮭児のお味噌汁やししゃもを食べたり、贅沢三昧でした。
なのに一人当たり4000円で済むなんて、素敵過ぎました。


そんなこんなで、出張から戻ってきたその日は質素においもを煮ました。
でも、旬で新鮮なものが出てくる食事って、あんなに感動を生むんだなーと実感。
新鮮な魚介類が手に入る北海道っていいですね。
今度は春・夏に行って、別のお魚も頂いてみたいものです。


いろいろお世話してくださった札幌の皆様、ありがとうございました。


:おまけ:

e0144986_2241069.jpg


最終日に六花亭のシュークリームを買って、電車の中で皆で食べました。
(新千歳空港には置いていないとのことだったので)
今どきちょっぴり珍しいこってりした濃厚クリームで、おいしかった!
小さいサイズで70円で販売しているところもかわいらしいです。
ティラミス、いちごなどいろんなお味があるようなので、次の機会が楽しみ♪
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-22 22:35 | SONOHOKA_Gohan

GENJI / きら

GENJI源氏物語 4 (4) (クイーンズコミックス)

きら / 集英社



しつこいですけど、再び。
今日4巻まで購入して、全巻揃えました!


すっごくおもしろかったーあ。


明石の君とデキちゃわなかったり、
葵の上との間に子ども(夕霧)がデキちゃわなかったり、
だからもちろん雲居雁とのあれこれもなかったり、
玉鬘への源氏のロリコンっぷりもなかったり、

だいぶ、
だいーーーーーぶ端折っている感じがありますけど、
それでも源氏物語をすっきり4巻でまとめたのはすごいなぁと思います。
紫の上中心の描写なので、嫉妬も羨望も嫌な気持ち全部見れました。
でもそれがとても共感できました。


最近読んだ漫画の中で一番のヒットです!
源氏物語入門には厳しいかもしれませんが、
もう既に源氏に触れている方はぜひぜひぜひ☆

---

明日から出張で札幌です。久々北海道!
蟹鍋かに鍋カニナベKANINABE♪
明後日の予報が「暴風雪」(←こんな予報上越に住んでいたとき以来です…)
らしいのですが、有意義な出張になると良いなぁ。
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-18 21:27 | Book

GENJI / きら

GENJI源氏物語 1 (1) (クイーンズコミックス)

きら / 集英社



私が大好きな「まっすぐにいこう」シリーズを書いているきらさんが、
源氏物語を漫画化した作品です。
すっかり見落としていたのですが、今日BOOK OFFで見かけて1&2巻即買い。


すごーくすごーくリアルでした!
「あさきゆめみし」や「まろ、ん?」よりも感情移入できた源氏漫画です。
1巻は紫の上が回想していて(桐壺~紫の上との出会い)、
小さい頃の若紫にダメ出ししてるところがとてもかわいい。
美しすぎたり、堅苦しすぎたりする王朝文学が
ここまでコミカルに、おもしろく描けるんだなーと感心しました。


もちろんおもしろいだけでなく、セリフも切なくリアルで、
六条御息所が葵上の御懐妊を聞いてにっこり笑い、

「それではお祝いの文を贈らないとね?」

というセリフと笑顔がものすんごく怖かったで、す…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
朧月夜がほんとに奔放に描かれていたり、
葵上のツンとすました感じが原作にピッタリだったり、
きらさんの人間描写の巧みさを改めて実感した作品でした。
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-14 22:47 | Book

Bon Appetit!(松本市)

今回も、おいしゅうございました。(岸朝子さん風)


半年記念+ワンコbirthdayに引き続き、今回は8ヶ月記念に。
実はミスドで腹ごなししてから行きました…(ごめんなさいムッシュー)

e0144986_14482968.jpg


オードブル盛り合わせ(1050円)

左上から、牡蠣のプロヴァンス風、キャロットサラダ、ニシンとリンゴのヨーグルト和え、
右上に行ってチコリのマリネ(でしたっけ?)、
サービスでつけて頂いたフォアグラ☆、田舎風パテ。
田舎風パテの付け合せは黒い大根のピクルス。


フォアグラはねっとりでお酒が進みますね!
個人的に、田舎風パテと歯ごたえしっかりのピクルスのコンビが絶妙で好きです。

e0144986_14534414.jpg


メイン。
塩漬けにした豚バラ肉のココット焼き。
ムッシューが最近買い集めたというstaubのココット。
無水調理とは思えないくらいタマネギが柔らかく、
お肉ももちろん柔らかく仕上がっていてとてもおいしかったです!
豚肉の塩漬けも、staubのココットも、前菜のキャロットサラダも、
blogに書かれた一番HOTなものたちばかりでうれしかったです。
(↑blogへリンクが貼ってあります。ぜひご覧下さい☆)
ムッシューとお話しすると、料理に対するモチベーションが上がります。


ちなみに昨日は資生堂で久々に3年間お世話になったBAさんにお会いできたり、
セールで素敵なストライプのスーツが買えたり、
ワンコの服を見立てたり、とても楽しかったなーん。
今日は本屋でゆっくり過ごしたので、これから戦利品でウハウハします。
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-12 15:01 | MATSUMOTO_Gohan

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

細谷 功 / 東洋経済新報社



本レビューばかりですみません。
他部署の職制にお勧め頂き6月に買ったものの、08年はずっと放置プレイ。
ワンコに「休み中に読み切るから!」と宣言して、
一昨日ようやく読破することができました orz ハァハァ


地頭力とは知的好奇心、論理思考力、直観力をベースに、

「結論から」考える仮定思考力
「全体から考える」フレームワーク力
「単純に考える」抽象化思考力

を使ってモノを考える能力のこと、だそうです。
で、副題のフェルミ推定はフェルミさんが考え出した、
膨大な物理量を短時間で特定すること。

例えば

日本にある電柱の本数は?
シカゴにはピアノの調律師は何人いるか?

などなど、
すぐググっちゃいそうな問題を自分の脳みそでどうにかしようという推定方法。
でもこの本の目的はそういう問題を解くことだけに留まらず、
ビジネスでの問題解決スキルと、そもそもの問題設定力をつけること。
この本を読破したからと言って、一朝一夕に身に付くわけではないのですが、
こういう視点を持って仕事するって大事だなと思いました。


平易な文章、MECEな構成と的確な概念図で、とても分かり易かったです。

次はこっちにチャレンジしたいなー。
ちなみに勝間さんが監修しているフェルミ推定などが掲載されている
トレーニングブックは、あまり評判がよろしくないらしい。危ない危ない…

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

小宮 一慶 / ディスカヴァー・トゥエンティワン


[PR]
by bedlam041 | 2009-01-05 09:02 | Book

インディでいこう!

ムギ(勝間 和代) / ディスカヴァー・トゥエンティワン



新年最初に紹介する本は、去年勉強本ブーム(茂木健一郎さんなど)を支え、
自身も勝間本ブームを起こした勝間和代さんの処女作です。
ご本人も

「笑っちゃうくらい、今売れている本に書いていることが、みんな書いてある!」

Discover社長室ブログで語っていらっしゃったとおり、
勝間本だけでなく、勝間さんが働いていく上での原点が書かれている本だと思います。
多分今はなかなか本屋さんに売っていないので、
偶然BookOffで手に入ってラッキーでした。


インディ =精神的にも経済的にも独立している。
        素敵なパートナーがいる。
年をとるほど美しくなる。
ウェンディ=年収低め。パートナーはいるけど、
        いつか王子様が来るって信じてる。
        若さがウリ。エステやジムにお金を使う。


らしいのですが、うーん、やっぱり旦那の給料がもう当てにできない以上、
インディでいる方が絶対有利なんでしょうね。


ぜひ、「なんで働いてるの?」って一度でも思ったことのある方に
読んで頂きたいなぁって思います。


ちなみにこの本はカバーからしても女性向けなのですが、
勝間本ブームの流れで「男性が手に取りにくいのはもったいない!」ということで、
カバーが刷新され、新書となって昨年3月発売されています。

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)

勝間 和代 / ディスカヴァー・トゥエンティワン




ページ数は少ないですが、働くことの意味を考えた一冊でした。
[PR]
by bedlam041 | 2009-01-01 11:24 | Book