おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

図解 ミリオネーゼの手帳術

佐々木 かをり / ディスカヴァー・トゥエンティワン



前々から読んでみたかった本を偶然手に入れました!
去年までフジ○レビのと○ダネ!でコメンテータもされていて、
アクションプランナーを発売されているイー・ウーマン社長、
佐々木かをりさんの手帳術の本です。


時間管理の超初歩的な手法なので、もう既にそういう勉強をされている方は
食傷気味に感じてしまうかもしれません。
が、私はまだまだ全然知らないことばかりでした。


勝間和代さんの本などで時間の大切さや隙間時間の使い方を
少しずつかじってきてはいるのですが、
それを実際どうスケジュール帳に落とし込んでいくか、
立てた目標をどう行動に移していくか、
そういうところはまだまだ勉強不足だったので、とてもためになりました。


ただ、薦めてくれた友達も言っていたのですが、
ちょっと上から目線の物言いというか、
「私はこれだけ忙しいのよ!」という言い方がちょっと鼻につくかも。
もしこの本でスケジュール帳(佐々木さんの本に倣うとプランナーですね)の
使い方は身についてきたよ!という場合は、
他の佐々木さんの本は読み流すくらいでいいと思います。


来年の仕事始めがちょっと楽しみになってくる本です☆
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-31 12:57 | Book

和田式「営業」クリニック―不思議と元気に、そして気持ちが楽になる (アスカビジネス)

和田 裕美 / 明日香出版社

スコア:



和田裕美さんの本、2冊目。
最近休日はワンコとBookOffめぐりをすることが多いのですが、
和田さんの本ってビジネスカテゴリーではなく、
「日本人作家」カテゴリーにあるのですね。
道理で今までなかなか見つからなかったわけだ…。


この本は2004年出版ということで、有名になる前夜?あたりの本です。
結論を言うと、ちょっと残念…。
もちろん参考になるし読むと元気が沸くのですが、
「この本じゃなければダメ!」という必然性はあまり感じられませんでした。


携帯小説?と見まごう無意味な改行。
誤記脱記。


ただでさえ和田さんの本って口語体で読み物としては読みやすく、
裏を返せば一般図書に慣れ親しんだ人からすると読みにくいので、
フォーマットを読みやすくしないと致命的かなぁと感じます。

特にほんとに改行は無意味な
感じだったので
どうにかしてほしい
と思います。

↑ほんとにこんな感じだったのです。
 全部縮めるとほんの暑さは1/4くらいになるのでは?


また、内容に関してもいくつか賛同できない点があり…。

「営業は人を笑わせることが大事だから、
 社員で始業前に集まって宴会芸の練習。
 あと、飲み会はなるべく参加!」

って部分は、正直子どもがいる人は無理だよねーっていう。
営業さんだから仕方がないのかもしれないけど。


ただ、やっぱり人と接するときになるべくポジティブな接し方をする
という部分はいつもいつも見習わないとなと思います。


ということで、残念だけど☆ふたつ。
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-31 12:07 | Book

奈良井宿

昨日、奈良井宿に行ってきました。
木曽にあたると思っていたのですが、塩尻市内なのですねー。
19号をスイスイ行って、1時間もかからずに到着しました。

e0144986_10591338.jpg


めちゃくちゃ寒かったけど(市街地とは3度も違うらしい)、
天気がとても良かったです。

e0144986_1142756.jpg


ちょっとした飾り物が素敵で、歩くだけでうきうきしました。


ちなみに有名な漆器は、駐車場近くに問屋さんがあるので、
(いかにもおみやげやさんっぽいお店の隣にある、
 飾りっ気のない質素なお店です)
そこで買うととてもリーズナブルで良いです。
一通り見て回ってからお盆を買いたかったのですが、
残念ながら16時には閉店してしまう模様(´・ω・`)ショボーン
檜のお猪口とか、お酒を飲まれる方へのおみやげにぴったりかも。


寒くて寒くて飛び込んだご飯屋さんの記事は、こちらにあります。
また季節が変わったら行きたいなー。
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-29 11:03 | Travel

かなめや(塩尻市)

昨日行った奈良井宿で、寒さに耐えかねて入ったお食事処。
写真は撮り忘れてきてしまったのですが、囲炉裏があるんですよー。
今回は囲炉裏がもうもうと煙を立てすぎていたので、
奥のお座敷のコタツ席に入らせて頂きました。
田舎のおばあちゃんちにあるような大きなコタツで、
冷え切った身体にはとてもうれしかったです。


頼んだのは

e0144986_10482639.jpg


五平餅セット(550円)と

e0144986_10484750.jpg


雑炊(650円)。
お昼の15時なのに…(笑)


想像していた五平餅は、草履くらいの大きさ+こんがり+お味噌だったのですが、
ご覧のとおりに小さなおはぎにごまだれがかかったものでした。
この地域独特のものみたいです。
ほっこりしたお味でおいしかったです。

雑炊は寒かったので夢中で食べました。
薄めのお出汁でスイスイ入り、身体の心から温まります。

お客さんは私たち以外にはカウンターにご近所さんがお一人と、
少し離れたテーブルにお一人だけだったので、
コタツを占有してゆったり過ごせましたよ。
リンゴまで出して頂いて、ありがたかったです。


その他、奈良井宿にいくつか落ち着いた雰囲気のカフェがあるようです。
また行く機会があれば散策してみたい(`・ω・´)シャキーン
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-29 10:52 | SHIOJIRI_Gohan

植田鰹節店(松本市)

松本の大名町通りにある植田鰹節店
Reeseさんがおすすめされていた「かつおせんべい」、ようやく食べてみました!
(実家のお母さんと新婚のお姉ちゃんにも)

e0144986_1152321.jpg


ぎゃー、すごくおいしいー。
ちょっと濃い目でピリ辛で、鰹の風味がきちんとしますね。
お店の方曰く、品切れになる日もあるとのこと。


お店には煮干や量り売りの鰹節があって、
しかもどれもリーズナブルで、見ているだけで楽しかったです。
今回は鰹のみの荒削りの削り節を買ったので、
煮物にするのが待ち遠しいです。

またあっち方面に行く機会があれば買おう♪
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-28 11:55 | MATSUMOTO_Gohan

Marc(松本市)

Merry X'mas! (遅)
今日はうちで大掃除→ワンコと一年間お疲れ様でした会でした。
主役はMarcのX'mas限定ローストチキンです!!

e0144986_22561336.jpg


じゃーん。
国産鶏+両手で持っても重いくらいの重量なのに、3800円はすごい!
(スーパーなどで販売されているローストチキンって、
ブラジルとかの安いお肉を冷凍しているものがほとんどらしいのです。
でもここのお肉は冷凍処理はしていないみたい)


中はこんな感じ。

e0144986_22575939.jpg


栗と松の実のごはんがぎっしり詰まってます。
皮もパリパリ、中ももちろん手羽先も手羽元もおいしかったです☆


しかもですね、帰り際おもむろに

「あの、これリンゴのケーキを作ってみたんですけど…」

と差し出されたのがコレ。

e0144986_2393550.jpg


直径10cmくらいで、これはおまけにつけるレベルではないのでは…(´・ω・`)
1000円くらいで売れちゃうよ。
Marcのおじちゃん、ほんとにいつもいつもありがとう。
去年チキンを頼んだときも、かぼちゃサラダと豚のマリネまでつけてくれたのです。


キッシュも燻製もとてもこだわって作っていらして、
(でも私が一番おすすめなのは、夕方以降にできる日替わりのお惣菜!)
素敵なお店なので、ぜひ行ってみてくださいね。
信大西門からほんの少し下って、和菓子屋さんの道を右に入ったところにあります。
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-28 00:08 | MATSUMOTO_Gohan

和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!

和田 裕美 / 大和書房



世界2位の売り上げを勝ち取った営業さん、和田さんの本。
お恥ずかしながら、初めて読みます…。


内容は話し方の具体的なテクニックではなくて、
人と接するときの心構えがメインだったために、
書いてあること自体は収穫は決して多いとは言えなかったのです。
でも、口語体で和田さんに話しかけられているような優しい文章なので、
その分書いてある「正直当たり前のこと」が心に染み込みやすかったです。

話すどころか、正直人と会うのがメンドクセ( ゚Д゚)

って私のような方が読むと、新たな発見があるかもしれません。


…あ、近頃通勤や家事の最中に
Podcastingから和田さんのラジオ「Wada Cafe」をDLして
iPodで聞いているのですが、和田さんの美声が心地良いですよー。
リスナーからのお悩み相談が多いので、とても参考になります。
本と同じく、和田さんは

ハッピーになる
わくわくする

って言葉をほんとによく使われるんですね。
そういう暖かくなれるようなポジティブな気持ちを忘れないでいるから、
世界2位の営業さんになれたのかも。
基本的にあっさり地の果てまで落ちるネガティブ人間なので、
さっさと見習わないと…。


ちなみにPodcastingでは勝間和代さんのラジオ番組「Book Lovers」や
「聴く日経」が無料でダウンロードできるので、
読書&ニュースチェック時間があまり取れない最近は助かってます。
ビジネス系だけでなく、お笑いやエンターテイメントも豊富ですよ☆
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-25 22:22 | Book

Mona Chulos

一昨日、お仕事の飲み会で松本駅前のスペイン料理屋さんに行ってきました。
Mona Chulosっていって、去年できたお店です。
大学の頃にランチは行ったことがあるのですが、
夜は初めてだったので、わくわくでした。


ちなみにデジカメにメモリカードをぶっ挿すのを忘れていたので、
内部メモリで3枚しか撮れませんでした…orz


前菜はグリッシーニと生ハムという定番の組み合わせに、
ホタテとトマトのマリネ、オリーブ。

e0144986_2253714.jpg


ピザ。
写真はトマトピザで、もう一枚はジャガイモとアンチョビ。
クリスピーでおいしかったです。

e0144986_2261951.jpg


スパニッシュオムレツ。
おいしいんだけど、お酒との相性はいまいち。

そしてなぜかその後サーモンとレタスのサラダと、
鶏肉のカレーソース(ど、どうして…?)が続く。

e0144986_2264459.jpg


お待ちかね!パエリヤです。
こっちは海老とムール貝のパスタパエリヤ。
もう一皿、ホタテとご飯パエリヤ。
細めのパスタがこんがり焼けて、最高においしかった…(*´д`*)

デザートは小松菜とゴマのケーキとモカアイス。
3500円のコースとは思えないほどのボリュームでした。


お店の雰囲気は最高。
パルコ近くのOld Rockで働いてらっしゃったかたがオーナーなので、
確かにその雰囲気を引き継いでるかも。
もったいないなと思ったのは、グラスを運んでくるときに
トレイを使わずに2個ずつ運んでくることと、
シャンパンにきちんとシャンパングラスを使っていなかったこと、
多少店員さんの薀蓄が長くてワイン選びに困ったこと。
(ゆっくり話せるような場なら大歓迎なんですけどね…なんせ飲み会だから)
でもそれ以外はパーフェクト!


ちなみにランチもきちんと1人用のパエリヤパンで焼いてくれるので、
とってもおいしいんですよ!
お値段も800円くらいからととてもリーズナブル。

e0144986_22143181.jpg



去年撮ったランチのパエリヤ。
この頃は全然ブログに身を入れてなかったから、写真が拙い…


また足を運びたいお店です。

---

そして私はお酒を飲みすぎて、朝起きたらワンコがちと不機嫌。
あれれー、何を言ったんだ私(゚∀。)

[PR]
by bedlam041 | 2008-12-24 22:16 | MATSUMOTO_Gohan

スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット

ロリー・フリードマン / ディスカヴァー・トゥエンティワン

まだそんな怖いモノを食べてるの?ヤセたいならヤメなさい。イギリス、ブラジル、韓国でも続々ベストセラー。世界20ヵ国でスキニー・ビッチ大旋風!元モデルが教えるリバウンドなしのダイエット。



ダイエット本というよりは、栄養学とベジタリアン入門のテキスト。
元モデルさんとモデルエージェントの美人2人が、
軽めの姉御口調で、現在出回ってる食物の怖さを説いています。
ほんと、口調のわりに、言ってることはほんっとに怖いです。
科学的根拠に基き、引用元もしっかりしているので、読み応えがあります。


著者2人はベジタリアンなので、最終的には
「肉、卵、魚は一切食べない。オーガニック食品以外口にしない」
ことが目標なのですが、現段階ではちょっと無理そう。
でも、白米を玄米に変えてみたり、極力揚げ物とお肉は避けたり、
ちょっとずつ改善できるところから始めたいです。
今の食生活に全く疑問を持っていない人に読んでもらいたいかも。


あとは、今まで「ベジタリアンの食事ってどんなのだろー、
レパートリーが少ないんだろうなー」と思っていたのですが、
カラーで載ってる4週間分の献立を見ると、こんなにいろいろできるのね!
と驚きました。
しかもアメリカで手に入る食材onlyでもしっかり4週間分作れるので、
和食を取り入れたら、もっとたくさんできそうです。
今度1日だけでも、肉なしdayを作ってみようかなー。
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-23 16:38 | Book

ミリオネーゼになりませんか?―8ケタ稼ぐ女性に学ぶ7つのビジネスルール

バーバラ・スタニー / ディスカヴァー・トゥエンティワン



以前読んだ『ミリオネーゼの仕事術』と同じシリーズ。
でも、これだけ著者がアメリカ人です。
フリーライターで馬車馬のように働いて、でも年収は伸びなくて、

「ミリオネーゼなんて人を顎で使って、
 お金にガメつい嫌な女なんだわ」

と思っていたバーバラさんが、
仕事でやむなく?150人以上のミリオネーゼにインタビューした…という本です。


で、せっかくたくさんのミリオネーゼを取材したのに、
結構薄い本になってしまっていることが残念。
もちろんその分内容が濃いのですが、
もうちょっと生の声が聞きたかったかもしれません。


個人的には、

「失敗と成功は本質的には同じもの。
 とにかくやりますと言え」

って言葉が好きです。


ビジネスのルールというよりは、成功するための心構えを書いた本なので、
テクニック的な要素は弱いです。
ただ、その分落ち込んだときにここに戻れると元気付けられそう。
勝間和代さんの本にせよ、Discoverは最近当たり本も出してきますね。
(前は読者を巻き込んだ、ちょっと素人くさい本っていうイメージだったのに…)
[PR]
by bedlam041 | 2008-12-21 09:32 | Book