おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

Restaurant TOEDA / 軽井沢町

ずっと素敵なお店だと伺っていたトエダさん、ついに訪問することができました。
軽井沢のツルヤさんから少し南に行ったところ、静かな立地です。

e0144986_226488.jpg


5テーブル1回転。ランチは\6,000のおまかせコースのみ。
奥の個室のようなテーブルに案内していただきました。
このきれいなお皿に、

e0144986_2275361.jpg


アミューズが運ばれてきます。
チーズを焼いたものに、スモークサーモンと何かの葉っぱです。
はい、そうです。あんまり覚えていないのです。(だめぶろぐ)

e0144986_22102889.jpg


前菜は、信州牛でクルッと梨のマリネをくるんだもの。
芳醇なローストビーフに、シャキッとした梨が、合わないようで合う。不思議な味。

e0144986_22115997.jpg


淡路産ヒイカと秋ナスのマリネ
たっぷりのトレビス。黒いツブツブはブラックオリーブです。
イカの歯ごたえとほろほろと崩れる秋ナスの触感が絶妙。

e0144986_22162558.jpg


秋のキノコのコンソメ
ここで温かいスープが!うれしい。
トランペット茸と、うんたら茸と、うんたら茸です。(だめぶr)
グリルしたキノコが香ばしさと焦げのギリギリのところを攻めていて、
秋らしさを感じます。

e0144986_22194276.jpg


さて、ここでパンが。一緒に頂いたハーブバターがおいしいです。

e0144986_22221100.jpg


淡路産サワラの低温調理、貝のソース
私、これが一番好きだったなぁ。
「貝のソース」ってサラッと言ってるけど、ムール貝です。豪華!
鮮やかな黄色は薫り高いサフランです。
誰も見ていなければお皿をなめたかったです。
サワラがもっちり柔らかいことはもちろん、ソースが最高でした。

e0144986_22241845.jpg


ビュルゴー家のシャラン鴨のロティ、クルミのソース
鴨の筋感が全然ない!!
鴨と言えば血が滴る鳥獣のお肉というイメージですが、とても繊細です。

e0144986_2227430.jpg


焼きメレンゲと木苺のソルベ
貝?!と思いきやメレンゲです。
焼き...とメニューにあったのでサクサクのメレンゲかなと思ったのですが、
ほんの少しだけ焦げ目をつけた柔らかいメレンゲでした。

e0144986_222826100.jpg


スプーンを入れるとキリリとした濃い苺のソルベが!あったかつめたい。
カソナードのシャリシャリ感がおいしい。

e0144986_22291347.jpg


デザートがもう1品。
ナガノパープルとシャインマスカットのクレームブリュレ
恐ろしく美しいですねー

e0144986_2230551.jpg


最後にお茶菓子として、クリームチーズと抹茶チョコレートをかけたマシュマロ

写真と、ホームページを見ていただければ分かるように、
一皿一皿がお美しい...アートでした。
ポーションは食いしん坊の私にとってはちょっと少ないかな?というサイズでしたが
香り、触感、見た目のバラエティが豊富なので、とても満足しました。
シェフもマダムも物腰柔らかく、丁寧な接客でした。

うーん夢のような時間でした。
あのお皿はまさしく非日常だわ。

レストラン トエダフレンチ / 中軽井沢駅

昼総合点★★★★ 4.5


[PR]
by bedlam041 | 2015-10-12 22:33 | NAGANO_Gohan