おいしいもの、きれいなもの、すてきな本が大好き。長野県から発信する、グルメ×本×写真のブログです。YOUR COMMENTS ARE WELCOME!!


by bedlam041

ことばの魔術師からの贈り物 / オグ マンディーノ

ことばの魔術師からの贈り物

オグ マンディーノ / ベストセラーズ


講演家・言葉の魔術師たちの世界を舞台に人間ドラマが展開する。ちょっと疲れたり、何のために頑張るのか、と思ったとき開く本。勇気づけられる言葉にあふれたハートウォーミング・ストーリー。




自己啓発小説の権威、オグ・マンディーノの遺作です。
高校生のときに『十二番目の天使』を読んで、すごく好きだったので
(今でも実家に帰るとたまに開きます)
遺作ということで買ってみました。

講演家エージェントを寂しくも引退したバートは、
NYでゆったりしつつも物足りない余生を送っていました。
が、ひょんなことでまた現役復帰し、1人の若々しい講演家に出会う...

物語の主軸はバートと講演家・パットとのやりとりを中心に繰り広げられていきます。
もちろんパットの瑞々しくも力強いメッセージも心を暖めてくれますが、
一度は「いい年して働くのは良くないんじゃないか...」一線を退いたバートが、
また生き生きと人生を楽しみ、興奮を取り戻す過程が私は好きです。


トリンプ元社長さんの吉越浩一郎さんが最近BizPlusの連載でおっしゃっていたのですが、
(記事はコチラから。この連載は本当に参考になりますよ)
平均寿命が80歳として、定年が60歳。
20年もの間を「余った人生」と位置づけてしまうのはもったいないですよね。
私も早く、ライフワークを見つけたいものです。


そんなことを考えながら読んた本書。
最後に、言葉の魔術師からの最後の言葉、それの抜粋をどうぞ。




新しい人生を送るための指針集

1. まず、自分のことを、干草を数回かじるだけで満足している羊ではないと認識すること。
 あるいは、来日も来る日も哀れっぽくなきながら、当ても泣くさまよう群れに従うことに満足している羊ではないと認識すること。

2. 目が覚めたらすぐ、その日だけを生き、その日に割り当てられた仕事だけをするために、自分を一日という仕切りの中に封じ込めること。

3. 今日出会うあらゆるチャンスをとらえて、もうひとがんばりすること。

4. 今日あなたに降りかかるかもしれない災難の大半は、勇気を持ってあたれば、大抵、それに見合うか、それ以上の恩恵をもたらしてくれると認識すること。

5. けっして、小さな事柄を無視しないこと。

6. 決して、多忙を隠れ蓑にしないこと。

7. 人のせいで、あなたの一日を台無しにしないこと。
[PR]
by bedlam041 | 2010-02-27 23:53 | Book